リベンジポルノ被害を受けたときの3つの解決法

リベンジポルノの解説

  • リベンジポルノ画像をネットで拡散されてしまった
  • 元彼から裸の写真を晒されたくなければ復縁しろと脅されている
  • 自分の性的な動画をネットにアップするのをやめてほしい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノ被害を受けたときにとりうる3つの解決法とは

リベンジポルノ被害を受けたときには、次の3つの方法で解決することができます。

性的な画像や動画がいったんネット上にアップされ、放置していると半永久的に世界中の人が見ることができる状態で残ってしまいます。その写真や画像を見た人が次々に保存し、またアップすることによって、またたく間に広く拡散されてしまう可能性もあります。

そのため、リベンジポルノの画像や動画をネットにアップされたときは早急に削除を請求することが重要です

その上で、加害者に対して刑事上および民事上の責任を追及していくことになります。

なお、②と③の方法は、加害者本人に画像や動画の拡散をやめさせるための手段としても重要なものです。したがって、拡散された画像や動画を削除できればいいという方も②と③の方法を知っておくべきといえます。

① リベンジポルノ画像を削除する方法

ネットにアップされたリベンジポルノ画像を削除するには、まずその画像が掲載されたサイト等の管理者に対して、Webフォームから削除を求める旨を入力して送信しますセーフラインに通報すれば、この手続きを代行してもらえます

サイト等にWebフォームが設置されていない場合は、プロバイダ等に対して送信防止措置依頼書を送付します。

以上の方法によってほとんどの場合は画像が削除されますが、なかには削除に応じてもらえないこともあります。その場合には、裁判所へ削除の仮処分を申し立てます。裁判所の仮処分命令が出れば、ほぼ確実に画像が削除されます

② 加害者の処罰を求める方法

加害者の処罰を求めるには、警察へ被害届を提出するのが基本です。しかし、それだけでは警察が動いてくれないこともあります。その場合には、刑事告訴の手続きを行う必要があります。

刑事告訴をするためには、告訴状という書類に犯罪事実やどのような被害を受けたのかを具体的に記載して、一定の証拠とともに警察へ提出します。

③ 加害者に慰謝料を請求する方法

加害者に慰謝料を請求するには、通常はまず話し合いを行います。和解ができれば和解書を作成し、和解金が振り込まれるのを待ちます。

和解ができない場合やそもそも話し合いができない場合は、慰謝料請求の裁判を起こします。

裁判では、証拠が必要となります。リベンジポルノの事実を証拠で証明することができれば勝訴判決が言い渡されます。加害者が判決で命じられた慰謝料を支払わない場合は、財産を差し押さえて強制的に回収することができます。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノの被害に関するご相談を承っております。

初回相談は無料です

詳しい事情を伺った上で、事案の内容に応じた解決方法や今後のおおまかな見通しなどをご説明いたします。

ご依頼いただいた場合は、弁護士があなたの代理人として具体的な手続きを行わせていただきます。画像や動画の削除請求はもちろん、刑事告訴や慰謝料請求に至るまでご希望に応じて対応いたします

ご依頼いただくかどうかは、ご相談後に自由に決めていただけます。依頼を希望されない場合や、依頼する必要性がないと思われる場合に契約をおすすめすることはありません。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノ被害の解決法についてよくあるご質問

リベンジポルノ画像の削除は自分でできますか。

基本的には自分でできます。サイト等のWebフォームからの削除請求やセーフラインへの通報の手続きは難しくありませんので、まずはご自身で行ってみるとよいでしょう。

ただし、弁護士を通じて行った方が早く削除されやすい傾向にあります。また、裁判所への仮処分の申立ての手続きは複雑なので、弁護士に依頼して行うのが一般的です。お困りの場合は、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください

リベンジポルノ被害を解決するにはどのような証拠が必要ですか。

性的な画像や動画がネットに掲載された画面を、撮影または印刷したものが必要です。そのページのURLもメモしておきましょう。SNSにアップされた場合は、その投稿をした人のアカウント情報もメモしておくとよいでしょう。

加害者が誰なのかわかりません。どうすればいいですか。

加害者が誰なのかは、発信者情報開示請求を行うことによって知ることができます。

発信者情報開示請求は、画像や動画がアップされたサイト等の管理者とプロバイダの両方に行うことが必要です。サイト等の管理者から投稿者のIPアドレスの開示を受け、プロバイダからそのIPアドレスの利用者の住所・氏名の開示を受けることになります。

いずれの手続きにも裁判が必要なので、リベンジポルノ被害相談センターまでご相談ください

警察が刑事告訴を受理してくれません。どうしたらいいですか。

弁護士に刑事告訴の手続きを依頼することをおすすめします

警察は告訴を受理すると捜査を開始する義務を負うため、一定の重大犯罪を除いて告訴を受理したがらない傾向があります。しかし、リベンジポルノ防止法違反等の犯罪が実際に発生した以上は、警察に動いてもらわなければなりません。

そのためには、犯罪事実等を明確に記載した告訴状有力な証拠を確保したうえで警察に赴き、深刻な被害を受けていることと犯人を処罰する必要性が高いことを説得する必要があります。

警察を説得するには専門的な知識が必要となりますので、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください

リベンジポルノ被害で慰謝料はどれくらいもらえますか。

リベンジポルノ被害の慰謝料の相場は50万円~100万円程度です。

ただし、具体的な金額は事案の内容によって異なりますし、加害者との交渉次第で異なってくる場合もあります。弁護士に依頼することで、話し合いを有利に進めて高額の慰謝料を獲得できる可能性が高まります

加害者への慰謝料請求をお考えの場合は、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください

リベンジポルノの被害を受けたときはどこに相談すればいいですか。

リベンジポルノ被害の相談先としては、警察弁護士が考えられます。もちろん両方に相談しても構いませんが、先に弁護士に相談することをおすすめします

なぜなら、弁護士は刑事・民事にかかわらず、事案の内容に応じて最適な解決方法をアドバイスしてくれるからです。警察への相談が有効な場合には、弁護士からその旨のアドバイスがあります。

相談先に迷われている場合は、リベンジポルノ被害相談センターへお気軽にご相談ください

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます