リベンジポルノ被害での示談金の相場は?

リベンジポルノの解説

  • リベンジポルノ被害にあったので示談金を支払ってほしい
  • リベンジポルノでどれくらいの示談金をもらえるのかを知りたい
  • 加害者に示談金を請求する方法を知りたい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

示談金の相場は50万円~100万円

リベンジポルノの加害者と示談する場合、示談金の相場はおおよそ50万円~100万円程度です。

示談金の額は被害者と加害者が話し合って決めますが、通常は慰謝料請求の裁判例における相場に従って決められます

名誉毀損やプライバシー権侵害の一般的な事案では、慰謝料の相場は10万円~50万円程度となっています。しかし、リベンジポルノの場合は性的な画像や動画が拡散されることによって被害者が受ける精神的苦痛の程度が大きくなるため、おおよそ50万円~100万円程度の慰謝料が認められています。

ただし、これはあくまでも目安に過ぎません。実際の示談金の額は、具体的な事情によって相場より高くなることもあれば、低くなることもあります。また、加害者との交渉によっても金額が異なってきます。

示談金を増額できるケース

リベンジポルノによって被害者に生じた損害が大きい場合や、加害者の行為が悪質な場合は、示談金を相場よりも増額できる可能性があります

被害者に生じた損害が大きいといえる場合としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 生活上の不利益を受けた(離婚や失恋、引っ越しを余儀なくされた、など)
  • 職業上の不利益を受けた(退職を余儀なくされた、減給処分を受けた、など)
  • 心身に不調をきたした(うつ病や神経症、PTSDを発症した、など)
  • 被害者の社会的地位が高い場合や、有名人である場合など

加害者の行為が悪質と言える場合としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 性的な画像や動画を広い範囲に拡散させた
  • 被害者の知人に画像や動画を拡散させた
  • 画像や動画と一緒に被害者の個人情報も拡散させた
  • 動画像の内容が悪質(無修正の局部やアブノーマルな行為が映っている場合など)
  • 加害者がリベンジポルノ映像を利用して経済的な利益を得ている

なお、刑事告訴をして加害者が警察に検挙された場合には、示談金を増額できる可能性が高くなります。なぜなら、加害者は刑を軽くするために高額の示談金を支払ってでも示談を成立させようと考えるからです。

示談金が減額されるケース

一方で、被害者に生じた損害がさほど大きくない場合や、加害者の行為の悪質性が低い場合は、示談金が相場よりも減額される可能性があります

被害者に生じた損害がさほど大きくないといえる場合としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 特段の実害が発生していない
  • 被害者にも落ち度がある(加害者に対してことさらに挑発した、傷つけた、など)

加害者の行為の悪質性が低いと言える場合としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 性的な画像や動画が拡散された範囲が狭い
  • 拡散された画像や動画を被害者の知人に見られることはなかった
  • 動画像の内容の悪質性が低い(下着姿のみ、顔が映っていない、画質が荒い、など)
  • ネットにアップした画像や動画を自分で削除した
  • 深く反省している

これらの事情がある場合でも、加害者との交渉次第では相場どおり、または相場に近い金額の示談金を獲得できる場合もあります。ただし、裁判になった場合には減額されてしまう可能性が高いです

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノの示談金に関するご相談をお受けしています。初回相談は無料です

具体的なお話を伺った上で、大まかな示談金の見込みや請求方法、加害者と交渉する際のポイントなどをご説明いたします。

ご依頼いただいた場合は、弁護士が加害者との示談交渉を代行させていただきます。その場合、あなたが加害者と直接話し合う必要はありません。その他にも、ご希望に応じて画像や動画の削除請求から加害者の刑事告訴まで、弁護士が対応いたします。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノの示談金についてよくあるご質問

加害者に示談金を請求するにはどうすればいいですか。

まずは内容証明郵便で損害賠償金請求書を送り、加害者から連絡があれば話し合いをするのが一般的です。話し合いの結果、合意ができれば示談が成立します。その場合は示談金の額や支払い方法を明記した示談書を作成し、示談金の振り込みを待ちます。

加害者からの反応がない場合や、話し合っても合意できない場合は、慰謝料請求の民事裁判を起こします。

示談金を請求するために証拠は必要ですか。

必要とお考えください。証拠がなくても話し合いはできますが、加害者が事実を否定した場合にはそれ以上話し合いを進めることができなくなります。

裁判を起こす場合は、証拠が不可欠です。

どのような証拠を用意すればいいですか。

最低限、性的な画像や動画が掲載されたサイトの画面を撮影または印刷したものと、そのページのURLをメモしたものを用意しましょう。

裁判を起こすためには、加害者がその投稿をしたことの証拠も必要です。加害者がその事実を認めない場合には、発信者情報開示請求という手続きが必要です。この手続きにも裁判が必要なので、お困りの場合はリベンジポルノ被害相談センターへご相談ください

加害者が示談交渉に応じません、どうすればいいですか。

警察へ刑事告訴をすることをおすすめします。多くの場合、刑事告訴をすれば加害者の方から示談交渉を持ちかけてきます。実際に刑事告訴をする前に、加害者に対して示談できなければ刑事告訴をすると警告するのも有効です。

どうしても加害者が示談交渉に応じない場合は、民事裁判を起こしましょう。

加害者の氏名や住所が分からないときはどうすればいいですか。

発信者情報開示請求をすることで、加害者の氏名・住所を割り出すことができます。

具体的には、まず画像や動画がアップされたサイトの管理者から投稿者のIPアドレスの開示を受け、次にプロバイダからそのIPアドレスの利用者の氏名・住所の開示を受けます。

加害者から示談を持ちかけられました。その金額で示談に応じなければなりませんか。

加害者の提案を全面的に受け入れる必要はありません。リベンジポルノの示談金には相場があるので、少なくとも相場以上の金額を支払ってもらえるように交渉すべきです

ただし、加害者の経済状態等によっては、現実に相場どおりの示談金を支払ってもらうのが不可能な場合もあります。その場合は、示談金を分割で支払ってもらうことを提案するのもひとつの方法です。

状況に応じて、最大限の金額を支払ってもらえるように工夫して交渉することが大切です。リベンジポルノ被害相談センターへご相談いただければ、交渉のポイントをアドバイスさせていただきます

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます