リベンジポルノで問われる刑罰

リベンジポルノの解説

  • 彼氏に裸の写真をネットで拡散された
  • 元彼から性交中の動画をばらまくと脅されている
  • リベンジポルノで違法となる行為と刑罰を知りたい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノで成立しうる罪と刑罰

リベンジポルノによって成立しうる犯罪とその刑罰は、以下のとおりです。

公表罪(リベンジポルノ防止法違反)

他人の性的な画像や動画を、撮影された人の同意なく、インターネットを利用して不特定または多数の人が見ることができる状態にした場合は、リベンジポルノ防止法上の公表罪が成立します。

裸の画像や性交中の動画やなどをネット上の掲示板やSNSにアップするケースが典型的です。

公表罪の刑罰は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

提供罪(リベンジポルノ防止法違反)

他人の性的な画像や動画を、撮影された人の同意なく、自分で公表するのではなく第三者に公表させる目的で提供した場合は、リベンジポルノ防止法上の提供罪が成立します。

裸の画像などを少数の限られた友人に対してメールやLINEなどで送信したに過ぎない場合でも、受信した人が拡散する可能性があることを認識していた場合は、提供罪に問われる可能性があります。

提供罪の刑罰は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

わいせつ物頒布等罪

性的な画像や動画を不特定または多数の人が見ることができる状態にした場合は、刑法上のわいせつ物頒布等罪も成立します。

インターネットを利用して性的な画像や動画をアップした場合はリベンジポルノ防止法違反の罪に問われるのが通常ですが、インターネットを利用せず写真を直接ばらまいたような場合は同法の規制の対象外とされています。その場合は、刑法上のわいせつ物頒布等罪に問われます。

わいせつ物頒布罪の刑罰は、2年以下の懲役または250万円以下の罰金です。

児童ポルノ公然陳列罪

インターネットを利用するかどうかを問わず、18歳未満の人の性的な姿態を撮影した画像や動画を不特定または多数の人に提供したり公開するなどした場合は、児童ポルノ公然陳列罪が成立します。

児童ポルノ公然陳列罪の刑罰は成人の性的な画像や動画を公開した場合よりも重く、5年以下の懲役または500万円以下の罰金です。

リベンジポルノに関連して成立しやすい罪と刑罰

リベンジポルノが行われる際には、その他にも罪となる行為が行われるケースが少なくありません。リベンジポルノに関連して成立しやすい罪と刑罰は、以下のとおりです。

名誉毀損罪

性的な画像や動画を第三者に公開すると撮影された人の名誉を侵害するため、刑法上の名誉毀損罪が成立します。

通常、リベンジポルノ防止法違反等の罪に問われる場合は、別途名誉毀損罪に問われることはありません。しかし、公開された画像や動画に写っているのが下着姿のみのような場合はリベンジポルノ防止法違反が成立しないこともあり、その場合には名誉毀損罪に問われる可能性があります。

名誉毀損罪の刑罰は、3年以下の懲役または禁錮または50万円以下の罰金です。

脅迫罪

性的な画像や動画に写っている人に対して「画像(または動画)をばらまくぞ」などと脅した場合は、刑法上の脅迫罪が成立します。

脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役または禁錮または30万円以下の罰金です。

強要罪

性的な画像や動画に写っている人に対して「画像(または動画)をばらまかれたくなければ復縁しろ」などと脅して、相手に義務のないことを行うように強要した場合は、刑法上の強要罪が成立します。

強要罪の刑罰は、3年以下の懲役です。

恐喝罪

性的な画像や動画に写っている人に対して「画像(または動画)をばらまかれたくなければ金を払え」などと脅して、金品を要求した場合は、刑法上の恐喝罪が成立します。

恐喝罪の刑罰は、10年以下の懲役です。

ストーカー規制法違反

加害者が被害者につきまとったり、頻繁に電話やメールを送るなどの嫌がらせが行われた場合は、ストーカー規制法違反の罪が成立する可能性があります。

ストーカー規制法違反の刑罰は、原則として1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。警察(公安委員会)の禁止命令が出ているにもかかわらず違反して嫌がらせ行為が行われた場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

加害者を処罰してもらうための相談先

リベンジポルノの加害者を処罰してもらうためには、警察に相談することが必要です。

ただし、単に相談するだけでは警察が動いてくれないこともよくあります。その場合には刑事告訴の手続きを行う必要があります

特に、リベンジポルノ防止法違反の罪は親告罪といって、告訴がなければ加害者は処罰されないため、必ず告訴を行いましょう

告訴を行うには、告訴状という書類を作成し、一定の証拠とともに警察へ提出します。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノ被害に関するご相談を全般的にお受けしています。初回相談は無料とさせていただいております

詳しい事情を伺った上で、加害者にどのような犯罪が成立するかの見通しや告訴の手続き、その他問題を解決するためにやるべきことなどをご説明いたします。

ご依頼いただいた場合は、弁護士が警察への告訴の手続きを代行させていただきます。ご希望に応じて、ネットにアップされた画像や動画の削除請求、加害者への慰謝料請求などについても対応いたします。

なお、依頼していただくかどうかはご相談後に検討していただけます。依頼するメリットがないとお考えになる場合に契約をおすすめすることはありませんので、安心してご相談ください。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノの刑罰についてよくあるご質問

加害者を警察に訴えれば確実に処罰してもらえますか。

確実に処罰してもらえるとは限りません。ただし、刑事告訴が受理されると、必ず警察の捜査が行われます。その結果、犯罪が成立することが明らかになれば、加害者に特段の前科がない場合でも数十万円の罰金に処せられる可能性が高いです。

警察に相談すれば加害者を逮捕してもらえますか。

よほど重大な被害が発生している場合でない限り、警察に相談しただけでは加害者が逮捕される可能性は低いです。刑事告訴をした場合でも、必ずしも逮捕してもらえるとは限りません。なぜなら、犯罪の捜査は犯人を逮捕しないまま進めることが原則とされているからです。

ただし、逮捕されなくても加害者が検挙され、処罰を受ける可能性は十分にあります。

刑事告訴をするにはどのような証拠が必要ですか。

リベンジポルノの被害を受けたことの証拠が必要です。

ご自身の性的な画像や動画がネット上にアップされた画面を表示し、撮影するか印刷しておきましょう。また、そのページのURLと、SNSにアップされた場合にはその投稿をした人のアカウント情報もメモしておきましょう。

加害者をできるだけ重く処罰してほしいです。どうすればいいですか。

どのような被害を受けたのかを具体的に警察に伝えることです

リベンジポルノの画像を知り合いに見られてしまい、引っ越しや転職を余儀なくされた場合は、それらを証明できる書類を提出しましょう。画像を見た人から誹謗中傷されたような場合は、誰がどんなことを言ったのかや、それによってご自身がどのように傷ついたのかを記録しておきましょう。

警察は今後の被害も防止してくれるのでしょうか。

警察は必ずしも今後の被害まで防止してくれるわけではありません。しかし、加害者が持っている性的な画像や動画は消去してくれます。消去しきれなかったとしても、警察問題となった後に加害者がさらにリベンジポルノ画像等を拡散することはまずありません。

刑罰以外にも加害者の責任を問う方法はありますか。

民事上の慰謝料請求が可能です。慰謝料を請求するには、加害者と交渉するか、民事裁判を起こすことが必要です。証拠も必要となります。

お困りの場合は、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます