【解説】リベンジポルノ防止法とは

リベンジポルノの解説

  • リベンジポルノ防止法とはどのような法律なのかを知りたい
  • リベンジポルノ防止法で加害者に科せられる罰則を知りたい
  • リベンジポルノ被害に遭わないための方法を知りたい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノ防止法で規制される画像や動画

リベンジポルノ防止法とは、元交際相手や元妻(元夫)の裸の写真や性行為中の動画をインターネット上で公開する行為を犯罪として取り締まるための法律です。

この法律で規制される画像や動画のことを「私事性的画像記録」といい、具体的には以下のような動画像が対象となります。

  • 性交渉の様子を撮影したもの
  • 性交類似行為(手淫・口淫など)の様子を撮影したもの
  • 性器や肛門、乳首に他人が触る行為を撮影したもの
  • 裸の状態で性的な部位(性器、性器の周辺、胸、尻)を撮影したもの

また、これらの動画像を保存したDVDやCD-ROM、USBメモリ等の有体物も「私事性的画像記録物」として規制の対象とされています。

なお、撮影された本人が第三者に見られることを承知して撮影を許可した動画像は対象外です。したがって、正規の方法で流通しているアダルト画像や動画、グラビア写真などは処罰の対象となりません。

リベンジポルノ防止法で禁止される行為と罰則

リベンジポルノ防止法で処罰の対象とされている行為は、以下のとおりです。

公表罪

第三者がインターネットを利用して、撮影された人が特定できる状態で私事性的画像記録(物)を不特定多数の人に提供し、または公然と陳列すると、公表罪が成立します

例えば、裸の写真や性行為中の動画をインターネット掲示板に投稿したり、SNSなどで拡散する行為が該当します。

公表罪の刑罰は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

提供罪

不特定多数の人に拡散しなくても、公表させる目的で、インターネットを利用して私事性的画像記録(物)を他人に提供すると、提供罪が成立します

例えば、LINEなどのSNSで、拡散させる目的で少数の人に裸の写真や性行為中の動画を送信する行為が該当します。

提供罪の刑罰は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

リベンジポルノ画像の削除を容易にする規定

リベンジポルノ防止法には、インターネット上に投稿された性的な動画像の削除を容易にするための規定も置かれています。

以前は、被害者からプロバイダ等に削除の申出があり、プロバイダ等が発信者に対して削除に同意するか否かを照会しても回答がない場合、プロバイダ等は7日が経過しなければ削除することはできませんでした

なぜなら、削除することによって発信者に損害が生じた場合には賠償責任を負わされるからです。

しかし、リベンジポルノ防止法の規定によって、「7日」が「2日」に短縮されました

この規定によって、プロバイダ等にリベンジポルノ画像の削除に応じてもらいやすくなっています。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノに関するお悩みについて、全般的にご相談をお受けしています。初回相談は無料です

ご来所の上でお話をお聞きし、おおまかな見通しや、事案に応じた対処法などにをご説明いたします。

ご依頼いただいた場合は、弁護士があなたの代理人として、事案の解決のために対応します。動画像の削除請求、警察への告訴、慰謝料請求など、ご希望に応じて弁護士が代理人として対応いたします

なお、依頼されるかどうかは自由です。ご相談いただいた後でじっくりと検討していただけます。当方から依頼を強要することはございませんので、安心してご相談ください。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノ防止法についてのよくあるご質問

リベンジポルノ防止法で警察に告訴するにはどうすればいいですか。

告訴状という書類を作成し、証拠と一緒に警察へ提出します

告訴状には、どのような被害に遭ったのかを具体的に記載する必要があります。

証拠としては、リベンジポルノの被害に遭ったことを証明できる証拠が必要です。性的な動画像が掲載されたサイトの画面を撮影または印刷したものを提出するのが一般的です。

リベンジポルノ被害相談センターへご依頼いただければ、弁護士が告訴の手続きを代行します

裸の写真をばらまくと脅されました。リベンジポルノ防止法で阻止できますか。

裸の写真をばらまかれるのを阻止するには、リベンジポルノ防止法ではなく他の法律で対処します

脅す行為は、刑法上の脅迫罪強要罪恐喝罪などに該当する可能性があります。警察または弁護士にご相談の上、加害者へ警告してもらうことが有効です

性行為中の動画を拡散されました。リベンジポルノ防止法で慰謝料を請求できますか。

リベンジポルノの加害者に対しては、リベンジポルノ防止法ではなく民法に基づいて慰謝料を請求できます

慰謝料の相場は50万円~100万円程度です。ただ、事案の内容によって慰謝料の金額は大きく異なってきます。リベンジポルノ被害相談センターへご相談いただければ、おおよその金額をお答えします。

加害者の処罰を求める場合は、リベンジポルノ防止法に基づいて警察に告訴しましょう。

リベンジポルノ防止法で告訴しても加害者が処罰されないときはどうすればいいですか。

検察官が加害者を不起訴とした場合は、検察審査会というところに審査を申し立てることによって起訴が可能となる場合があります。ただ、審査を申し立てても起訴される可能性は高くありません

そのため、加害者の処罰にこだわるよりも、慰謝料を請求して民事責任を追及するのが一般的です。加害者が慰謝料の支払いに応じない場合は、民事裁判を起こすことになります。

リベンジポルノ被害に遭わないためにはどうすればいいですか。

交際中に裸の写真や性行為中の動画などを撮らせないようにするのが、一番の予防法です

もし、すでに撮られてしまった場合、データの削除を求めるべきか、様子を見た方がよいのかは、撮られた動画像の内容や相手の性格によります。

不安なときは、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。弁護士が状況に応じて最善の対処法をアドバイスします。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます