リベンジポルノの損害賠償を請求をしたい

リベンジポルノの解説

  • リベンジポルノの画像をネットで拡散されてしまった
  • 生活に支障が出ているので損害賠償を請求したい
  • リベンジポルノの慰謝料の相場を知りたい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

証拠を確保すること

リベンジポルノの損害賠償を請求するために、まずやるべきことは、証拠を確保することです。

加害者が誰であるかが明確で、かつ、非を認めて損害賠償金を支払ってくれるのであれば、証拠は必要ありません。

しかし、加害者が事実を否定するか、認めても損害賠償金の支払い義務や金額などで話し合いがまとまらないことも多いものです。それだけでなく、リベンジポルノの場合はそもそも加害者が誰なのかがわからないケースも多くあります。

そんなときは損害賠償請求の裁判を起こさなければなりません。裁判を起こすためには、証拠が不可欠です。

証拠は早急に確保しなければ、なくなってしまうおそれもあります。そのため、リベンジポルノの被害に気づいたら、まず証拠を確保しておきましょう。

証拠になるもの

リベンジポルノの被害に遭ったことの証拠として、画像が掲載されたサイトの画面を証拠化しておくことが必要です。

画面を表示させた上でスクリーンショットを撮るかスマホなどで撮影したり、プリントアウトするなどして保管しておきましょう。その画面のURLも控えておくべきです。

次に、加害者がそのサイトに画像を投稿したことの証拠を確保する必要があります。

その方法としては、まずサイトの管理者に対して発信者のIPアドレスの開示を求めます。IPアドレスの開示を受けたら、プロバイダ(インターネット業者)を割り出し、そのプロバイダに対して発信者の氏名や住所の開示を求めます。

以上の開示請求には、2段階の裁判手続きが必要になり、時間も手間もかかります。しかし、損害賠償を請求するためには必要なステップなので、できる限り効率よく進めましょう。

リベンジポルノによる損害賠償金の相場

リベンジポルノで請求できる損害賠償金の相場は、おおまかにいうと50万円~100万円程度です。

ただし、事案の内容や、被害者が受けた損害の程度によって大きな幅があります。

例えば、リベンジポルノの影響によって被害者が退職や引っ越しを余儀なくされたり、うつ病などの精神疾患を発症したような場合には数百万円の賠償金が認められることもあります。

一方、画像がすぐに削除されて実害がなかったような場合には10万円~20万円程度にとどまることもあります。

裁判をしてまで損害賠償を請求するかどうかは、事案ごとに検討する必要があるといえます。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノに関するご相談をお受けしています。初回相談は無料です。

ご相談いただいた上で、事案の内容に応じて見通しや対処法などをご説明いたします。

ご契約いただいた場合は、弁護士が代理人として加害者に対して損害賠償を請求し、話し合いから裁判まで対応させていただきます。

なお、依頼を希望されない場合には、契約をおすすめすることはありません。依頼されるかどうかはご相談後に検討していただけます。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノの損害賠償請求についてよくあるご質問

リベンジポルノの被害に遭ったら確実に損害賠償してもらえますか。

確実とはいえません。事案によっては、ほとんど損害が認められないケースもあり得ます。また、法律的には損害賠償請求が認められても、加害者に経済的余裕がないために損害賠償金を回収できない場合もあります。

加害者が損害賠償金を支払う余裕がないときはどうすればいいですか。

交渉の上で、分割払いしてもらうことが考えられます。ただ、分割払いの取り決めをしても途中で支払えなくなる加害者も少なくありません。そのため、総額を下げてでも一括で支払ってもらうのと、分割ででも満額の支払いを求めるのと、どちらが得策かは一概にいうことができません。

その見極めと交渉は一般の方には難しいので、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

加害者が未成年の場合でも損害賠償を請求できますか。

基本的にはできます。ただし、加害者が概ね12歳~13歳までの場合は、両親などの保護者に対して損害賠償を請求することになります。

それ以上の年齢の場合は、加害者本人に対して損害賠償を請求するのが原則ですが、本人に支払い能力がないことが多いという問題があります。

加害者が14歳以上の場合でも、具体的な事情によっては保護者に損害賠償を請求できる場合もあります。お困りのときは、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

できるだけ高額の損害賠償を受けるためにはどうすればいいでしょうか。

リベンジポルノによってどのような損害を受けたのかを、裁判で具体的に主張・立証することです。

他の方法として、加害者と示談交渉をすることも考えられます。民事でも刑事でも訴えないことを交換条件として交渉すれば、加害者が高額の賠償金の支払いに応じることもあります。

民事裁判を起こさなければ損害賠償を受けることはできないのでしょうか。

加害者との話し合いがまとまらない場合は、民事裁判を起こす必要があります。

ただ、もう1つ、損害賠償を受けることができる可能性のある方法があります。それは、加害者を刑事告訴することです。

リベンジポルノは犯罪なので、告訴をすれば加害者は原則として有罪となり、刑罰を受けます。

犯罪で警察に捕まった加害者は、刑罰を避けるために示談を提案してくることが多いです。加害者によっては、刑罰を回避できるのであれば相場よりも高額の示談金の支払いに応じることもあります。

提示された金額や加害者の反省の態度を見て、納得できる場合は示談に応じて、損害賠償金を受け取るのもよいでしょう。

リベンジポルノの損害賠償請求を弁護士に依頼するメリットはなんですか。

まず第一に、弁護士が代理人として加害者に損害賠償を請求できることです。あなたが加害者と直接やりとりする必要はなくなります。

それから、弁護士には専門的な知識やノウハウがあるので、加害者との交渉や裁判も有利に進めて、高額の賠償金を獲得することが期待できます。

複雑な裁判手続きもすべて弁護士に任せられることも、メリットといえるでしょう。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます