リベンジポルノの写真を学校でばら撒かれた

リベンジポルノの解説

  • 元彼氏が私の裸の写真を同級生たちにばら撒いている
  • 私の写真を見た同級生から交際を要求された
  • 学校にリベンジポルノを相談しても何もしてくれない

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

自分の写真であることを認めないこと

学校でリベンジポルノの写真をばら撒かれた場合に、最も現実的で効果的な対処法は、ばら撒かれた写真が自分のものであることを認めないことです。

たとえ顔が写っていても、合成写真だと言い張れば、第三者が真実を確認する方法はありません。

可能な限り、その写真は自分とは無関係であると言い張り、同級生たちから何を言われても取り合わないようにしましょう。あなたが取り合わなければ、やがて皆の関心も薄れていくものです。

18歳未満の写真の場合は児童ポルノに当たる

とはいえ、ばら撒かれた写真をそのままにしておくことも望ましくありません。自分の写真ではないと言い張ることが難しい場合もあるでしょう。そのため、リベンジポルノに対しては法的に対処する必要があります。

まず、性的な写真をインターネットを通じてばら撒かれた場合は、リベンジポルノ防止法に違反する犯罪となります。加害者には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

撮影された人が18歳未満である場合は、児童ポルノ規制法に違反します。この場合の刑罰は、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方が科されます。大人のリベンジポルノの場合よりも格段に刑罰が重くなるのです。

また、インターネットを使わずに写真の現物をばら撒いた場合でも、わいせつ物頒布等罪に該当します。この罪に対しても、2年以下の懲役や250万円以下の罰金などの重い刑罰が科されます。

具体的な対処法

まず、インターネットを通じて写真をばら撒かれた場合は、早急に削除請求をする必要があります。削除請求をするには、各サイトのWebフォームやセーフラインを通じて行う方法の他、裁判手続きを使って行う方法もあります。

それから、警察に被害を届け出ることによって加害者の処罰を求めることもできます。加害者に何罪が成立するかは、行為の内容や、撮影された人の年齢などによって異なります。刑罰の重さも、成立する犯罪によって異なります。

さらに、加害者に対して慰謝料など民事上の損害賠償を請求することもできます。請求できる慰謝料の金額は、加害者の行為の内容や写真が拡散された範囲、被害者が受けた損害の程度などによって異なります。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノに関する様々なご相談をお受けしています。初回相談は無料です。

詳細な事情をお聞きした上で、今後の見通しや解決するための方法などをご説明いたします。

ご契約いただいた場合は、弁護士が代理人として写真の削除請求や警察へ被害の訴え、加害者への慰謝料請求まで全般的に対応させていただきます。

依頼を希望されない場合には、契約をおすすめすることはありません。依頼されるかどうかはご相談後にご自由に検討していただけますので、まずはお気軽にご相談ください。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

学校でのリベンジポルノについてよくあるご質問

学校内で写真の現物をばら撒かれました。写真を回収するにはどうすればよいですか。

写真を受け取ったそれぞれの人に対して、回収を依頼するしかありません。ただ、誰が写真を受け取ったのかが被害者にはわからないことがほとんどでしょう。その場合は、加害者に写真を回収させることが有効です。

加害者に対して刑事責任と民事責任を追及した上で話し合い、示談をする条件としてすべての写真を回収することを加害者に約束させることが考えられます。

この交渉は難しい場合もあるので、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

インターネットでばら撒かれた写真をすべて削除することはできますか。

一般的なサイトに投稿された写真については、ほとんどの場合で削除が可能です。ただし、LINEやメールなどでばら撒かれた写真については、削除できない場合もあります。そのため、リベンジポルノの被害に気づいたら、すぐに削除請求するとともに、加害者の法的責任を追及することが重要です。

警察に被害を届け出ても動いてもらえません。どうすればいいでしょうか。

告訴の手続きをすることによって警察に動いてもらうことができます。

警察も多忙なので、被害届を出すだけでは動いてもらえないこともあります。しかし、告訴の手続きをとれば、警察は捜査しなければならないことになっています。

そのためには、告訴状という書面を作成して、証拠と一緒に警察に提出する必要があります。この手続きには専門的な法律の知識が必要なので、リベンジポルノ被害相談センターへご相談いただくことをおすすめします。

リベンジポルノの被害のために転校しなければならなくなりました。加害者に何か請求できますか。

加害者に請求する慰謝料を増額したり、重い処罰を求めたりすることが考えられます。リベンジポルノによって転校を余儀なくされるということは、それだけ被害者が深刻な損害を受けていることになります。損害が大きければ大きいほど、加害者が支払うべき慰謝料は増額されますし、刑罰も重くなる傾向にあります。具体的な目安などについては、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

写真を入手した同級生から交際を要求されました。どうすればいいですか。

警察または弁護士に相談しましょう。義務のない行為を執拗に要求する行為は、強要罪にあたる可能性があります。その同級生の処罰を求めることもできますし、慰謝料を求めることができる可能性もあります。一人で悩まず、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

加害者が慰謝料を支払えない場合はどうすればいいのでしょうか。

加害者の年齢やその他の具体的な事情によっては、両親などの保護者に対して慰謝料を請求できる可能性もあります。しかし、一般的には加害者が高校生にもなると、保護者に慰謝料を請求するのは難しい場合が多いです。

ただし、その場合でも加害者の刑事責任を追及すれば、厳しい処分を免れるために保護者が示談金として慰謝料を提示してくることもあります。お困りの場合は、リベンジポルノ被害相談センターまでご相談ください。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます