リベンジポルノの慰謝料を請求したい

リベンジポルノの解説

  • 裸が写った写真を元彼に拡散されてしまった
  • リベンジポルノで慰謝料をいくら請求できるのかを知りたい
  • 慰謝料の請求について弁護士に相談したい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

プライバシー権や名誉権の侵害による慰謝料の請求

リベンジポルノの写真を拡散されたときは、プライバシー権や名誉権の侵害を理由として加害者に対して慰謝料を請求することが可能です。

他人に見られたくない写真を無断で拡散されると、プライバシーや名誉を侵害されて精神的な苦痛を受けてしまいます。この精神的苦痛に対する損害賠償として、慰謝料の支払いを請求できるのです。

リベンジポルノによる慰謝料の金額

リベンジポルノの被害で慰謝料をいくら請求できるかについては、基準があるわけではなく、事案によって金額が異なります。

一般的にプライバシー権侵害や名誉権侵害に対する慰謝料の相場は10万円~50万円程度です。

しかし、リベンジポルノで裸や性行為の写真が拡散された場合はプライバシー権侵害名誉権侵害の程度が強いため、50万円~100万円程度の慰謝料を請求することも可能です。

顔や局部が写った写真を無修正で拡散されたような場合は、100万円を超える慰謝料が認められる可能性もあります。

また、身元が特定されてしまったために退職や引っ越しを余儀なくされたり、精神的苦痛によってうつ病を発症して働けなくなることもあるでしょう。

このように深刻な実害が発生した場合は、働けなくなったことによる休業損害なども含めて数百万円の損害賠償が認められることもあります。

慰謝料を請求する方法

加害者が明らかに判明している場合は、話し合いによって慰謝料を請求することができます。加害者との話し合いでは、和解する条件として手持ちの写真を消去させ、今後拡散しないことの誓約を求めることもできます。

話し合いがまとまらない場合や、そもそも話し合いができない場合は民事裁判で慰謝料を請求することになります。

裁判を起こすためには、証拠が必要です。リベンジポルノの写真が掲載されたSNSやサイトなどの画面を写真に撮影したり、プリントアウトするなどして保管しておきましょう。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノの慰謝料請求のご相談をお受けしています。

初回相談は無料ですので、お気軽にご利用いただけます。

事情を具体的にお聞きした上で、慰謝料請求の可否や金額の見通し、必要な手続きなどをご説明いたします。

ご相談の結果、依頼されるかどうかはじっくりご検討なさってください。依頼するメリットがないと思われるようなときに契約をおすすめすることはありません。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノの慰謝料請求についてよくあるご質問

リベンジポルノの慰謝料はいくらくらいもらえますか。

おおまかにですが、50万円前後をひとつの目安としてお考えください。事案の内容によって慰謝料の金額は異なります。

写っている人物が誰なのか特定が難しいような場合は低額となりがちですし、個人情報も一緒に拡散された場合は高額になりがちな傾向があります。

加害者が慰謝料の支払いを拒否しているのですがどうすればいいですか。

民事裁判で勝訴すれば、加害者の財産を差し押さえるなどして強制的に支払わせることが可能です。

ただ、弁護士が加害者と交渉すれば、任意に支払ってもらえる場合もあります。一度、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

加害者と慰謝料の話し合いを直接したくないのですがどうすればいいですか。

弁護士に依頼すれば、弁護士が代理人として加害者と話し合いをします。あなたが加害者と顔を合わせる必要はなくなります。ご依頼される場合は、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

加害者が誰かわかりませんが慰謝料を請求するにはどうすればいいですか。

まずは加害者を特定する必要があります。まずは写真が投稿されたサイトやSNSなどの管理者から加害者のIPアドレスの開示を受け、その後にインターネット会社などのプロバイダから加害者の氏名や住所などの開示を受けます。

この手続きには裁判手続きを要しますので、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

リベンジポルノの慰謝料を請求するにはどのような証拠を集めればいいですか。

まず、被害を受けた証拠として性的な写真や動画が投稿されたサイト画面を撮影したものや印刷したものが必要です。そのサイトのURLもメモしておきましょう。

それと、加害者を特定する証拠として加害者のIPアドレスと氏名・住所の開示情報も必要になります。

加害者に刑罰を受けさせるためにはどうすればいいですか。

警察に被害を申告して、立件してもらうことが必要です。まずは警察に相談して被害届を出してみましょう。

警察に被害届を出しても動いてもらえないのですがどうすればいいですか。

その場合は、警察で告訴の手続きをすることが必要です。被害届は単に犯罪による被害を受けた事実を申告するだけですが、告訴というのはそれに加えて犯人の処罰を求める手続きです。警察は告訴を受理した場合は、捜査を開始しなければならないとされています。

告訴の手続きには専門的な知識が必要なので、リベンジポルノ被害相談センターまでご相談ください。

リベンジポルノをやめてもらうためにはどうすればいいですか。

結局は、相手方(加害者)に拡散をやめてもらうようにするしかありません。ただ、単に拡散を辞めるように求めてもあまり効果は期待できません。

慰謝料請求や警察への告訴などによって加害者の法的責任を追及した上で、手持ちの写真の消去に加えて、今後拡散しないように誓約させるのが効果的です。

このような交渉も弁護士が行うことによってさらに効果が高まりますので、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます