リベンジポルノを警察に相談したが解決できなかった

リベンジポルノの解説

  • プライベートな写真を拡散した加害者を処罰してほしい
  • 警察に相談したけれど動いてもらえなかった
  • 警察に動いてもらう方法を知りたい

リベンジポルノ被害相談センターではリベンジポルノ被害に関して無料で弁護士に直接相談できます。もちろん、相談したら依頼しなければいけないということはなく、無料法律相談だけでも構いません。
まずはお気軽にお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

警察に動いてもらう方法

リベンジポルノの被害を申告しても動いてくれなかった警察に動いてもらうためには、刑事告訴の手続きをすることが必要です。

「刑事告訴」とは、警察に対して犯罪の被害にあった事実を申告した上で、犯人の処罰を求める手続きです。

告訴を受理した警察は、その犯罪の捜査を開始しなければならないことが法律で定められています。告訴を受理した捜査機関は捜査を開始しなければなりません。

それに対して、「被害届」は単に犯罪による被害を受けたことを警察に申告するだけの手続きであり、犯人の処罰を求めるという被害者の訴えは含まれていません。

警察も多忙なので、被害届を受けてもある程度重大な事案でなければ動かないことがよくあります。しかし、告訴を受理してもらえれば、確実に警察に動いてもらうことができます。

弁護士に相談する

刑事告訴をするためには法律の専門的な知識が必要なので、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

告訴は、「告訴状」という書面を作成して警察に提出することによって行います。告訴状には、単に被害を受けた事実を記載するだけでは不十分です。どの事実が何罪のどの要件に該当するのかを法律的に説明しなければならないのです。

警察は、告訴状の記載が不十分であればなかなか告訴を受理してくれません。

告訴を受理してもらうためには、弁護士の力を借りて正確かつ具体的な告訴状を作成するのが有効です。

リベンジポルノに対して弁護士ができること

弁護士は、リベンジポルノの被害者に代わって警察への刑事告訴を代行することができます。それだけでなく、拡散された写真の削除請求や被害者に対する慰謝料請求にも代理人として対応できます。

加害者の処罰を強く求める場合は、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

刑事告訴をしても、警察が軽微な事案だと判断した場合には加害者が処罰を受けないことがあります。

そんなときは、いったん加害者に対して慰謝料を請求するのが有効です。民事上の責任を追及する手続きの中で加害者の悪質な行為を明らかにし、IPアドレスや氏名・住所などの証拠も確保することができます。

その上で再度、刑事告訴を行えば改めて加害者が処罰されることもあり得ます。

弁護士に相談することで、様々な解決策を見いだすことができます。

リベンジポルノ被害相談センターでの対応

リベンジポルノ被害相談センターでは、リベンジポルノで被害を受けた方からのご相談をお受けしています。

初回相談は無料ですので、お気軽にご利用いただけます。

まずは詳しいお話をお聞きし、その上で今後の見通しや具体的な解決策についてご説明いたします。

ご依頼後は、警察への刑事告訴をあなたに代わって手続きさせていただきます。ご希望に応じて、写真の削除請求や加害者への慰謝料請求についても代理人として対応いたします。

なお、ご依頼いただくかどうかはご相談後にじっくりとご検討していただきます。ご依頼を希望されない場合にはご遠慮なくお申し出ください。契約をおすすめすることはありません。

ご相談はお電話またはメール、LINEでご連絡ください

今すぐお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

初回相談は無料です。ご相談だけでももちろんかまいません。

相談するだけでも気持ちが前向きになることもあると思いますので、お気軽にご連絡ください

リベンジポルノ被害相談センターでは無料で弁護士に相談できます

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談することができます。

弁護士が直接お話を伺い、事件を解決するまでの道のりをわかりやすくご説明いたします。ご予約いただければ平日夜や土日祝日も相談いただけます。もちろん、相談だけで依頼されなくても構いません。

相談を受けるだけでも、悩みやお困りの点がひも解かれ、解決へと繋がる場合もございます。どのような内容でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

ご予約やお問い合わせはお電話もしくはメールLINEでご連絡ください。

リベンジポルノと警察への相談についてよくあるご質問

リベンジポルノの事実があるのに警察はなぜ動いてくれないのですか。

ひとことで言うと、警察にすべての犯罪を捜査する余裕がないためだと考えられます。

警察の人員や資金にも限りがあるので、どうしても重大犯罪の捜査を優先せざるを得ないという現実があります。リベンジポルノの被害も深刻ではありますが、どうしても殺人や強盗などの重大犯罪に比べると後回しにされるか、動いてくれない傾向にあります。

ただ、警察が忙しいからといって犯罪の捜査をしなくてよい理由にはなりません。そのため、告訴の手続きを適切に行って加害者の処罰を求めることが大切になります。

警察が動いてくれればリベンジポルノの問題はすべて解決しますか。

すべて解決するというわけにはいきません。拡散された写真の内容や拡散された程度が軽微な場合は、警察が動いても加害者が処罰されずに捜査が終了することもあります。

また、写真の削除や加害者に対する慰謝料請求については、警察では対応してもらえません。

すべての問題を解決するためには、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

警察で嫌なことを聞かれて二次被害を受けることはありませんか。

気にすることはありません。以前は、事情聴取の際に警察官が興味本位でプライベートな質問をすることもあったようですが、現在の警察では性犯罪の被害者が二次被害を受けないような配慮が徹底されています。

ただし、事件の内容や被害の程度を説明するために必要な限度で、プライベートなことを話す必要はあります。

警察に相談するときは何罪の被害にあっているかを特定しなければならないのですか。

単に相談したり被害届を提出するときには、何罪かまで特定する必要はありません。

ただし、刑事告訴をして警察に動いてもらうためには、どのような事実によって何罪が成立するのかを告訴状に記載する必要があります。

法律の専門的な知識がなければ正確な告訴状を作成するのは難しいので、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

加害者に対する慰謝料請求は自分でできますか。

できます。加害者が判明している場合はご自分で慰謝料を請求し、相手と話し合ってみるのもよいでしょう。

話し合いが進まない場合や、加害者が誰なのかわからない場合は裁判手続きが必要になるので、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

加害者の氏名や住所は警察から教えてもらえますか。

警察が加害者の氏名や住所を把握している場合は、教えてもらえます。

警察が動いてくれない場合は、弁護士が裁判手続きを活用して加害者の氏名や住所を調べることができます。一度、リベンジポルノ被害相談センターへご相談ください。

警察が動いても加害者が処罰されなかったときはどうすればいいですか。

検察官が起訴しなかった場合は、「検察審査会」というところに申し立てることによって、起訴すべき事案かどうかを改めて判断してもらうことができます。

なお、加害者に対して重い処罰を求める場合は、警察の事情聴取での対応が重要です。深刻な被害を受けた事実を警察官に説明するとともに、重い処罰を希望することを供述調書に記載してもらうことです。

弁護士に依頼すれば、事情聴取に同行してもらうこともできます。リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

警察に相談したことで加害者から報復される心配はありませんか。

捜査中は、警察に申し出ることで適切な配慮をしてもらえます。後々の報復が心配な場合は、弁護士に相談することが有効です。

弁護士が対応すれば、加害者は不適切な行為をするたびに弁護士から法的責任を追及されるため、通常は報復などしてこないものです。

不安なときは、リベンジポルノ被害相談センターにご相談ください。

無料法律相談をご利用ください

リベンジポルノ被害相談センターでは、無料で弁護士に相談できます。

平日夜や土日祝日も対応いたします。相談だけで依頼されなくても構いませんので、まずはお気軽にご予約ください。

無料法律相談のご予約やお問い合わせは、お電話もしくはメールLINEでご連絡ください。お電話は午前10時から午後8時まで受け付けています。

リベンジポルノの解説

全てのリベンジポルノの解説を見る

秘密厳守

弁護士との無料法律相談

リベンジポルノのお悩みを
弁護士に無料で法律相談できます

リベンジポルノは、事件の性質上、ご相談をためらわれる方も少なくありません。しかし、リベンジポルノは、法的な救済の必要性が極めて高い事件です。
当事務所では、被害に遭われた方にできる限り早期にご相談いただき、一人でも多くの方を救済したいとの考えから、法律相談料をいただいておりません。

あなたに代わって
弁護士ができること

Our work

  • 01

    慰謝料請求

    リベンジポルノは、あなたの心を著しく傷つけ、深刻な精神的被害を与える犯罪行為です。弁護士が専門的知見に基づき、相手に慰謝料を請求して、損害の賠償を求めます。

  • 02

    写真削除請求

    リベンジポルノは、重大なプライバシー侵害行為です。あなたには、写真の削除を請求する権利があります。弁護士が、アップロードされた写真を削除するよう、相手や、アップロード先のホームページ管理者に対して請求します。

  • 03

    被害届提出

    リベンジポルノは、リベンジポルノ対策法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)に違反する、れっきとした犯罪です。弁護士が、被害届や刑事告訴を行い、相手に対する厳正な刑事処罰を求めます。

リベンジポルノの被害について
無料で弁護士に相談できます